着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

1、洗濯機クリーニングを業者に頼んだきっかけと気になる値段をレビュー(くらしのマーケット)

前々から気になっていた洗濯槽の汚れ。

市販の洗濯槽クリーナーを2年に1回位使っていました。酵素系のものが良いと大昔にテレビで見たことがあり、今ストックしているのはこちらです。


f:id:pyokopata:20201125143753j:image

推奨は1ヶ月に1回の頻度と書いてあります。もっと掃除しなきゃと思いつつサボり気味でした。汚れている内側部分が見えないし、市販剤だとそこまで汚れが取れる訳でもないので、やらないよりは綺麗になっているかなと気休めに使っている感じです。

 

久しぶりに洗濯機クリーナーを使ってみたのが2020年8月の事。まずは洗濯槽カビキラーを入れて槽洗浄モードで洗濯機を回します。ゴミ受けネットに埃とは違う黒いカビの塊が溜まり、洗濯槽にも黒いワカメみたいな物がへばり付きます。洗浄剤落としと汚れカスを取り除くために、洗濯物を入れずにすすぎ洗いとしてもう1度洗濯機を回します。

それでもまだ最初と同じくらいゴミが出ますが、いつも洗濯槽クリーナーを使った後はそうなるので、まあ今までもその汚れがあった洗濯機で洗濯していたんだしと割り切ります。しかし今回はつい、すすぎ洗い後の最初に洗う物に白い布団カバーを選んでしまいました。そのせいで黒いモヤモヤがびっしり付いてしまい、布団カバーが防水使用になっていた事もあり汚れも取りずらく大変苦労しました。洗濯物の選択を間違えた…。

これには本当に懲りて、購入からもうすぐ10年経つ洗濯槽の内側は真っ黒なんだと思い込み、このまま洗濯し続ける事に抵抗を感じてしまって。1度そう思うともう駄目でした。夏場でジメジメしているし洗濯機も良く使うし、潮時なんだと、業者に洗濯機クリーニングを頼む事を決断し、ネットで情報を集める事にしました。(実際には、クリーニングの際に見せてもらったところそんなに真っ黒でも無かったです。)

 

 おそうじ本舗以外にもお掃除革命など全国に店舗を持つ会社がいくつもあるんですね〜。知りませんでした。また、個人で独立して営業している人も沢山ヒットしました。確かに一人で作業できる依頼が多そうで、技術が身についたら独立の道が見えるかも。

 

どこに頼もうか、とりあえず相場をチェック。

ネット上でおそうじ本舗の見積もりを試します。洗濯機クリーニングで一番最初に出てくる数字が11,000円で、思っていたより安いかなと思ったら、分解しないで掃除するコースでした。ちょっと紛らわしい…。プロに頼むなら分解洗浄しなきゃ意味無いでしょ、とその時は思いましたが、後ほど書きますが、我が家は分解洗浄して洗濯機故障疑惑が起きたので、分解しないでも綺麗になるなら有りかも。

オプションで分解洗浄を選ぶとプラス10,000円になり、計21,000円(税抜き)でした。

あと、我が家の日立ビートウォッシュは、構造が複雑で他の洗濯機よりクリーニング料金がプラス5,000円かかります。これはどこの業者でもそうでした。なんてこった。これを知っていたら購入の時に迷ったかも。実際、次は別の洗濯機にしようかと旦那と少し話しました。節水だし良い洗濯機なんですけどね。

 

地元のお掃除本舗に電話で金額を聞いたらネットの見積もりの通りで、大手はどこも同じ位でだいたい25,000円かかりそうです。

個人営業のところのお値段は、分解洗浄でも安いところは11,000円から、高くても15,000円程でした。そして日立製はやっぱりプラス5,000円…。

 

長くなったので、業者選定と当日の流れは次記事に^▽^