着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

Filerの型紙ノーカラージップコートを作りました☆コートは難しい!

 Filerのノーカラージップコートを作ったのでレビューします。

ハンドメイドのニットソーイングのレディースのノーカラーコート

既製品で同じような形のコートを持っていてお気に入りなので、自分の好きな生地で作れたら最高!と期待した型紙です。

デザイン的にも機能的にもコートはファスナータイプが大好きです。

 

 コートは下準備から一苦労ですよね。特にこちらの仕様は芯貼りが大変すぎました。生地より一回り小さく芯地を貼ります。なので芯地を貼る場所が分かりづらいです。

Filerは芯地用の型紙も用意してあり丁寧だとは思いますが私はこういう仕様が初めてなので苦戦しました。

 ここはルレットやチャコペーパーを使うべきなのかな??

プロから見たら本当に適当なやり方で作ってしまっていると思います。こういうところに独学の限界を感じます。

綺麗に出来ない予感がして、この型紙は失敗かも、と不安がよぎります。が、なかなか好みの型紙には出会え無いし頑張って形にしてみようと気合を入れ直します。

 

裁断後は最初にシームポケットを作ります。今までパッチポケットしか作ったことがありません。ポケット無しにしようかと迷いつつ、ブログネタにしようと挑戦しました。
洋裁のポケットの縫い方

裁断の際にノッチを入れましたが、縫い合わせる前にロックをかける事を失念していました;印が見えない〜

布用のペンで印を付け直します。この印も、もっと細くしないと縫いズレてしまいますね。やっぱりノッチは便利。ニット生地には向いてないけど。


ニットソーイングのシームポケットの作り方

前身頃とポケット袋布を中表に縫い合わせる際に0.5mm控えるように指示があります。

ここで、図を理解できなくて間違えました。
ポケットのハンドメイドの失敗した縫い方

 

5mm控えるのを失敗したせいで、向布と袋布の大きさが違います。 

仕様書を何度も読んでも分かりませんでしたが、実際に縫ってみると「こうすれば良かったのか!」と納得できました。

 

前身頃・脇パネル・後身頃を縫い合わせます。この工程はいつも縫うのでストレス無くダダーっと進みます。

ここでちょっと試着タイム^^すっきりした細見のデザインのコートでした。

 

次に見返しを作って、ファスナーを挟みながら身頃と縫い合わせます。

ファスナーも洋裁初級レベルにはハードル高いですよね。

ずぼらでもパリコレでファスナーも練習しましたが、縫い方が変わると応用力が無いのでアタフタしちゃいます。

 

後は袖を付けて裾を縫って仕上げます。

 

裏地無しの型紙なので見返し・身頃裾・袖口の縫い代にトリミング始末の指示があります。私はロック始末だけの簡単過ぎる縫い方にしました;力尽きました。

出来上がりを着てみて、首周りのラインがとっても綺麗で気に入りました。細身のキレイめデザインも良いです。

 ただ、やっぱりコートはまだまだ難しいです。裏地無しで作っている事にも限界を感じます。手作り感から抜け出せないのは裏地が無いのばかり縫ってるから?

ニットソーイング教室で習ったらまた違うかもしれない…。期待を捨てないで、もう少し挑戦を続けます。

子供服でリバーシブルのコートの型紙を買ったので、近いうちにそちらも縫ってレビューします☆裏地付きコートへの第1歩になりそう。いつか必ず裏付きコートを作りたい!