着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

とっても簡単☆ニット生地でギャザースカートを作りました


花柄のレディースのロングスカート

佐藤貴美枝ニットソーイングクラブの型紙LB-028でギャザースカートを作ったのでレビューします。こちらの型紙はカリキュラムでも縫います。私が受講した時はAコースの3番でした。
職業用ミシンの10mm段違い押さえ

シンプルな型紙なので気持ちに余裕があり、丁寧に縫おう!と1センチ段違い押さえを使って縫いました。前スカートと後スカートを中表で縫い合わせ、ロックでかがります。

久しぶりに使った1センチ段違い押さえは、やっぱり縫いやすい。ただ、2つ折り縫いや3つ折り縫いではないので、本領発揮できませんね。自分で裏から見た時に、真っ直ぐだ〜と自画自賛するだけです。

 

水彩の百合の花

次に裾を、ロックミシンをかけた後に2.5センチで2つ折り縫いします。押さえを取り換えなきゃいけません。ステッチ定規を使うとその手間が省けますが、ステッチ押さえに苦手意識がありなかなか手が伸びません。せっかく買ったので練習しないとね。

さすがに2.5センチ段違い押さえは買わないかなぁ。そもそも2.5センチ用なんて売っているのかな??いちおう検索してみたけどやっぱり見つかりませんでした。

後はゴム部を作って完成です。カリキュラムで習った時は、ゴムを輪にして重なる部分をN字に縫い留めて、スカートのウエスト部を2つ折りにしてゴムをその中に入れてグルッと塞ぎ縫いました。

今回はゴム通し口を開けておいて、2つ折り縫いした後にゴムを入れました。

水彩の花

生地のアップ画像です。 水彩で描かれた百合の花がとっても綺麗な生地です。オレンジ色の百合の雌しべが青色なんですよ。上の画像の中央下にあります。見えづらいかな?とっても素敵ですよね。今回作った型紙では、もっと生地が薄い方が好みの仕上がりになったかも。スクールのカリキュラムの生地で縫ったスカートの方が風合い良く骨格診断ウェーブにピッタリな軽やかなロングスカートになりました。柄は全く気に入らなかったから、ゴムだけ取り除いて捨ててしまってます。プチ罪悪感ですけど佐藤喜美枝ニットソーイングスクールに通っている人あるあるですよね??私だけ??

 1月末に佐藤喜美枝ニットソーイングスクールの生地半額祭りに行きました。夏のセールは行かなかったので反動で生地4枚と型紙6枚を購入し、自分史上最大の大人買いしました。1枚か2枚を付き合いで買おうかな程度に抑える予定だったのに、全部コロナのせいだわ…。しばらく充実した洋裁ライフが送れそうです。どんどん縫うぞ~!!