着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

働く女性のための色とスタイル教室を読んで

プロのパーソナルカラー診断と骨格診断を受け、自分がオータムでウェーブだと知り、なんとなく自分のスタイルを掴むことができました。それでも時々、似合うとされている色や形に違和感を感じることがあり、もっと勉強したいと買った本が七江亜紀さん著「働く女性のための色とスタイル教室」です。
似合う服を選ぶための本

働く女性とありますが、もちろん全女性・全男性が読んで参考になる内容です。

似合う色についてはパーソナルカラー春夏秋冬のカテゴリーを使用しますが、似合うスタイルについては骨格診断のカテゴリーではなく、シルエット・雰囲気が直線的か曲線的か、ボリュームがあるかないかを服選びの判断基準にします。

似合うスカートが分からない人のおススメの本

プリーツスカートの選び方も、確かに私のお気に入りの服は左側です。なんとなく気に入っている服と気に入らない服について、なぜそう感じるのか、理由が解る。そして次から買い物の際に、考えながら選ぶことが出来ます。

 

そしてシルエットは曲線寄りなので、ポケットは丸い形の方が良い、バッグも柔らかさを感じる物が雰囲気に合います。靴の先端やベルトのバックルなどのディテールをしっかり見る事の大切さが書かれている章はとても勉強になりました。

自分の持っているお気に入りの服に似ているものを買ったのに、着なくなってしまう服が何着も(泣)ありました。細かいポイントで、やっぱり何か違うと感じてしまっていたのかと思います。


帽子が似合わない人のおススメの本

帽子について書かれている本は珍しい気がします。これを見て、今まで帽子屋さんを通るたびに散々試しに被ってきたジプシー生活に終止符を打てました。私は面長で頭のてっぺんまでも長いです。はっきり苦手だと言ってもらって有難い。お洒落のためではなく、日焼けのために被っていたので、ファッション性は諦めます。

自分では、サンバイザーは被っていて居心地まあまあです。帽子を被っている時の居心地の悪さといったら…悲しい気分になります。

 

後半に少しライフスタイルについても書かれていてドキッとします。

「クローゼットの中はあなたの人生そのもの」…タンスの肥やしになる服を買うことはだいぶ減ったのですが、まだ少し着ないけど捨てられない服が残ってます。片付けよう。。週末片付けて記事にしようと思えば体が動くかも。

「お買い物7か条」の1つの、5分迷ったら買わないは覚えておきたいです。絶対に合うから欲しいと思った服でも、そういえば似てる服が家にあるかも…と悩んじゃう時があります。そういう時は買わない!!絶対!!…多分。

 

パーソナルカラーの本で購入したのは前記時と今記事で紹介したものの2冊です。どちらもたまに見返すお気に入りの本です。そろそろもう1冊買うか借りようかと思う時もありますが、ネットで情報を集められるので十分かと思い直します。凄い時代になりましたよね~。