着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

型紙が無いけどアレンジして授乳服をハンドメイドしたい!

外出用の授乳服を新しく欲しいな〜と思い、せっかくなら作りたいなと型紙を探すも見つかりません。

自己流でアレンジして授乳服作りに挑戦します!
お洒落な授乳服の型紙

元の型紙はfilerのオフタートル丈長プルオーバーです。こちらは今まで何着も作ったお気に入りの型紙です。この形の授乳服作りに成功したら外出が楽しみになっちゃう。

 

完全な自己流なので失敗する可能性の方が高い。やまのこのアウトレットで購入した生地でまずは試作します。
授乳服の縫い方の順序

最初に前身頃を1枚多く裁断し、2枚用意します。1枚は中心で切って、上の画像のように重ねて(分かりやすい様にズラしてますが、ぴったり重ねて)首周りと脇を縫い留めます。この時、裾は縫い留めなかったのですが、本番の生地では裾も縫い留めようと思います。
ラグランの袖のハンドメイド
次は仕様書の通りに、袖と前身頃・後身頃を中表で縫います。ラグランは袖が縫いやすくていいですね。


授乳服のアレンジの方法

次も仕様書の通りに裾から脇を縫いますが、外側前身頃は縫わないように注意です。

脇は内側前身頃と外身頃を縫い合わせます。
オフタートルネックの作り方

仕様書の通りに首・裾・袖の切り替えを作ります。上の画像は首の切り替えです。ここで毎回どこを縫うか迷います。首も裾も袖も中表に脇を縫って輪にします。

首は、型紙よりもオフタートルをスッキリさせたくて短めに作っています。その方が私は着やすいです。骨格診断ウェーブはオフタートルネックが得意なはずですが、何でもOKではなく自分に合う長さと合わない長さがある気がします。

 

身頃と縫い合わせる時、裾だけ要注意。前身頃は二重になっているので、縫い残さないようにします。やっぱりここも仮留めしておいた方が安心です。


プレママにおススメの授乳服の作り方
完成した試作品を着てみたところ、充分に外側前身頃が開いて、内側前身頃の中央に手が届き、授乳する事が出来ました。また、前に屈んで外側前身頃がずれた時も肌着が見える事はありませんでした。無理やり思いっきり引っ張ると見えちゃいますが、それは他の授乳服も同じで、今までそんなアクシデントは無かったし、外出に耐える服が出来たような気がします。完全な自己流で作ったので念のため、しばらく家で着用して様子をみることにします。

 

上手くいってるといいな。今回着てみて改めてラグランが好きだなと感じました。ちょっと布帛のシャツで気になるラグランの型紙があり、いつか買っちゃうかも。でも今は我慢。。。生地を買ったばかりなので、続けて散財したくない。

 

試作なので、ロックをかけて無いのも少し気になってます。本番を縫う時は、もうちょっと細かいところの縫い順を考えてから縫い始めないとね。またレビューします。