着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

春のバイカラーニットジャケットを作ったよ

AVIVERpaperPatternsのノーカラーニットジャケットを作ったのでレビューします。

おしゃれな可愛い水色とピンクのバイカラーのカーディガンのジャケット
こちらの型紙は2年前に一回作ったことがあります。その時はずぼらでもパリコレを受講する前で、洋裁においてアイロンをかける大切さを全く分かっておらず、ぼんやり作っていたので、バイカラーが斜めになって滅茶苦茶な仕上がりでした。

その原因を型紙が難しいからとか仕様書が悪いからとか何かのせいにして、すっかりタンスの肥やしになっていたのですが、今ならもうちょっと上手に作れるかもしれないと再挑戦することにしました。

この2年で私は成長しているのでしょうか。期待と不安のなか作りました。

洋裁の大事なポイントのアイロン
まずは別布パーツの袖口と前立て&見返しの前工程です。ここで仕様書には、袖口を「折る」、前立て&見返しを前中心前端線で中表に「折る」と書いてあります。前回作ったときは、手で折っただけですよ、私は。洋裁素人ってそうやっちゃうと思うけど私だけ異常に雑で無知識なのでしょうか。前中心は特に長いので、ガタガタのヨレヨレな仕上がりになりました。

今回はちゃんとアイロンで折り目をつけます。この一手間でどれくらいの違いが出るか楽しみです。
レディースのお洒落な袖口のバイカラーの水色とピンクのカーディガン

はい、袖です。綺麗に出来ました!!袖下を縫って、袖本体に袖口を中表に縫うだけです。やっていることは大したことじゃないのですね~。2年前はヒーヒー言いながらヘンテコな袖口を作ってがっかりしたのに。
水色のカーディガン

身頃にダーツがあるデザインですが、完成後に着用してみて、スッキリしたシルエットとは感じませんでした。ダボっとはしていないけど、ニットのジャケットだな~って感じです。カーディガンっぽい。
ニットソーイングのジャケットの縫い方

ここの縫い方を迷いました。前回も迷ったような…。そこは成長していません^^

仕様書には前身頃と前端&前見返しを縫う、とだけ書かれていてその通りなのですが、前端の折り目を付けたところから縫うのか、戻してから縫うのか、それぞれ縫ったらどうなるかシュミレーションしてから恐る恐る縫いました。

結果から言うと、折り目を戻してから縫います。
洋裁の見返しの縫い方

 そして表に返すとこうなります。良いですねぇ~綺麗です。2年前と比べて見違えるほどの仕上がりです。私、少し上達してる。

 

この後は普通のジャケットのように、衿ぐりと裾を縫って、脇線を縫った後に袖を付けて、裾にロックをかけてまつります。これで本体は完成です。

 

この後に仕上げで、衿ぐりにステッチと前立てと袖口に落としミシン、前中心裏にスプリングホックを付けます。

 

こちらの 型紙はジャケットとなっていますが、そこまでキチンと感は無く、ワンピースの上に羽織るコーデが合いそうな雰囲気です。丈もちょっと短いかな、スタンダードでは丁度良いのかな?私はちょっと腰にかかる位が安心するので。

水色とピンクのバイカラーが可愛くて、パーソナルカラーオータムの私には全く似合いませんが、作っていて楽しかったです。