着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

filerのシンプルカーディガンを作ったよ

お気に入りのカーディガンの型紙を1つ必ず見つけたいですよね。どこの型紙ショップでも数着のラインナップがあり、どれにしようか迷いながら、口コミの良かったfilerのシンプルカーディガンを購入しました。

バイカラーのミントグリーンのピンクのレディースのカーディガン

商品説明に“シンプルなカーディガンですがfilerのこだわりが詰まった1枚です。寸法設定にとことんこだわりました。”とあり、期待が膨らみます。

口コミには簡単な作りであっという間に出来る、本当に綺麗なシルエット、サイズが小さめ、下に何か着て羽織るならワンサイズ大きいものを選んで、とありました。型紙の口コミが9件もあるのは珍しいです。皆さん思い入れがある型紙のようです。

サイズを迷いながら、夏の前後の寒くも暑くもない時ように、1着で着ようと普段選ぶMサイズにしました。

 


ニットソーイングのおススメの型紙

裁ち出し見返しですね。画像写真では分かりませんでした。衿切り替えと前中心をアイロンでしっかり直線に折ります。切り替えは、最近作った春のバイカラージャケットで上手くいったので余裕を持って作業に取り掛かっていました。そのせいか油断して、衿ここで一つ工程を飛ばしてしまいました。衿切り替えを中表で端を縫って引っくり返す端処理が必要でした。
ハンドメイドのニットソーイングのカーディガンの縫い方

前身頃と後身頃の肩を縫い合わせます。本来ここは伸び止めテープ必要です。裁ち出し見返しにも接着芯を貼ります。サイズが合うか分からないので、いつものニット生地やまのこのアウトレット生地2m500円で試し縫いしてから本番の生地で縫います。
洋裁の上手に縫うコツ

前端をビシっと揃えようと慎重に縫いました。既にミスっているところは置いといて、、、それでも上手くいってよかった。次に縫う時の自信になりました。

ここが一番難しいだろうなと思っていた前端。口コミの通り、確かに意外と簡単です。三つ折りにしてステッチかけて、綺麗に縫えました。

ニットだからかな。布帛は衿切り替えを縫い止まり位置に縫い付ける時、本当にキチっと決めないとズレますよね。
バイカラーの首周り

衿周りと、前端にステッチをかけます。 まあまあじゃないでしょうか。自分としては最高の仕上がりで感無量です。今まで散々無茶苦茶な服を作ってきて、バイカラーは粗が目立つから避けてきました。もうバイカラーも怖くないぞ!!色選びが楽しめそうです。

 

この後は、袖を付けて裾を縫って完成です。カーディガンは佐藤喜美枝ニットソーイングスクールで、前立て部分を別布で作る型紙を以前に縫って、難しくて仕上がりも汚くて苦手意識をもっていました。filerの型紙は口コミ通りシンプルで量産する気になります。

ただ、これも口コミ通り、サイズが小さいですね。型紙補正してもう1回縫おうかな~どうしようかな~。