着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

AVIVERのニュアンスカラーTシャツを縫ったよ

AVIVERpaperPatternsのニュアンスカラーTシャツを縫ったのでレビューします。 
AVIVERのお洒落なニットソーイングのTシャツのバイカラーのハンドメイドの服

こちらの型紙は以前縫ったことがあり、その時は衿部分をレースのニット生地で縫いました。柔らかい生地で衿部分が垂れ下がり、肩が出て年齢的に着られませんでした。下にブラウスを着たらどうかなと試したのですが、レースも濃い茶色だったので合わなかったです。

で、そのままお蔵入りの型紙としてタンスの肥やしになっていましたが、商品画像のお手本の服が素敵だったのを忘れられず、何とか復活できないかと、もう一度挑戦してみます。型紙の仕様も単純ですぐ縫えるし、安い生地(ニット生地のやまのこのアウトレット2m500円)をたくさん手に入れたので気軽に着手できます。

今回は衿部分も普通地で縫うことにしました。

衿の縫い方

衿は1重でも2重でも縫えます。レースの時は1重にしました。今回は2重です。衿の脇を中表で縫います。ここで縫う場所を迷うのはいつものこと^^
襟の縫い方

折って表に返します。形になりました~縫う場所合っていて良かった。いつもドキドキの瞬間です。
洋裁の上手に縫うコツ

身頃はラグランになってます。前脇と後脇の長さに差があり、袖とどちらを縫い合わせるか分かりやすかったです。
身頃のニットソーイングのオレンジのカットソー

後身頃と袖も縫い合わせます。スラッとしたシルエットで好みです。この後、袖口を2つ折り始末してから袖下~脇を縫う仕様書になっていますが、左右合わせるのが難しいので、袖下~脇を縫ってから袖口始末しました。結果、袖口が狭いから縫いづらかったけど、次に縫う時も私は袖下から縫います。


ビッグカラーのお洒落な服

衿と身頃を縫い合わせます。逆カーブですね。嫌な予感がしましたが、やっぱり縫いづらかったです。身頃の天竺生地が伸びてしまって、だいぶ引っ張りながら縫いました。ラグラン位置に合印を入れてそこに合わせようとしてもちょっとズレました。
ただ、衿で隠れるから目立たないですね、救われました。

裾を2つ折り縫いして完成です。やっぱり縫うのは簡単でした。

しかし、大変なミスをしていました。衿の縦横を逆にしていました。衿がきつくて肩がピッチピチです。前回と逆ですね。前回は肩までずり下がった衿でしたが、今回は首周りまでカバーできます。動かないから。

だから縫っている時も、衿が伸びずに身頃と縫い合わせずらかったのですね。失敗です。

ただ、失敗にも関わらず、色合いの絶妙さと、身頃のフィット感が好みで、こちらの型紙に可能性を感じてしまいました。諦めきれず困った。なので、衿部分をもう一度作り直して、この型紙を見定めます。

もう本当に水色が綺麗で引き立って、フォーマル感があるんですよ。ただ、身頃のオレンジ天竺生地で衿を作り直すので、フォーマル感は消えちゃうかもしれません。

どう転ぶか全く分からず楽しみです。