着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

ブティック社のラグランスリーブブラウスを作ったよ

ソーイングパターンスタジオのラグランスリーブブラウスを作ったのでレビューします。
ブティック社のレディースのブラウスの作った服のレポ

こちらのお店は、実用書出版のブティック社が提供する縫い代付きの型紙販売ショップ、だそうです。洋裁本に載っている型紙は難しいので今まで作った事がありません。本を買うより割高になりますが、個別の実物大縫い代付きの型紙を販売してくれて感謝。
ブティック社の洋裁の型紙の作った服のダーツの縫い方

前身頃のダーツを縫います。ホームページの作品画像でダーツが入っているのを見て布帛の型紙かと思っていました。仕様書に、明きが無くタイトなシルエットなのでニット生地で作ってくださいと書いてありビックリ。

1.5cm幅くらいの細いダーツで、ニット生地だしどれくらい差が出るのかなと懸念しましたが、ニット特有のふんわりした腰回りと少々違い、フォーマルな雰囲気になりました。
ブティック社のニットのトップスのお洒落な服

袖にもダーツが入ります。こだわった型紙ですね。縫ったあと着てみると、確かに肩に寄り添うようなシルエットになりました。
ブティック社のハンドメイドの服の洋裁のブラウス

今まで縫ったラグランは、前後身頃と袖を縫い合わせてから袖下~脇をぬいましたが、こちらの服は袖下を縫って袖を作って、前後身頃を縫い合わせて、セットインスリーブのように袖を付けます。袖の首周り側は開いているのでちょっとは楽かな~と思っていたら、やっぱり、今までのラグランの縫い方よりずっと難しい。。。
ブティック社の難しい型紙の洋裁のカットソーの服

ここで試着してみると、もうこれで完成にしても良いような7分袖のトップスが出来ました。丈も腰に落ち着く感じです。衿ぐりの形も商品説明にある通りキレイです。

後ろ身頃に布ループを付けて明きを作るデザインですが、そのまま頭からかぶれたので要らないかな。
ブティック社のラグランの七分袖の仕事の服の洋裁
見返しも作っておいたのですが、この工程は省いちゃいます。

首周りは幅2.3cm長さ70cmの衿ぐり布でくるむように指示があります。一周くるんで始末しました。

最後に裾のギャザーを作ります。仕様書では2本ミシンをかけてギャザーを寄せるように指示があります。ギャザー苦手なので苦労しました。2本の糸を引っ張って、身頃と合わせると、ギャザーより身頃がだいぶ短くて合印と全然合いません。1回ほどいて、ギャザー押さえを使って縫い直しました。

身頃と合わせる時、重ね着しているように見えるように、身頃を2cm折って、その端とギャザーを縫い合わせるように指示があります。

その通りにしたつもりなのですが、仕上がりを見ても重ね着風に見えません。縫い方間違っているのかな?

 

完成して試着してみると、ギャザーを付ける前のスッキリ感はどこへやら、ガーリーな可愛らしさが強烈な服になりました。5歳の娘から可愛い服でズルい!!と言われました。生地の選択のせいかな?商品画像は仕事にも着ていけそうな印象だったので。

 

ギャザーだけ生地を変えてまた縫ってみますね。仕事服をストックしておきたいのになかなか上手くいきません。

娘には好評なので、今回この型紙を縫った経験を活かして、娘服のアレンジもしてみます!