着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

骨格診断ウェーブおススメの型紙☆aviverクロスネックプルオーバー

私の定番トップス型紙のaviverクロスネックプルオーバーを作ったのでレビューします。


ハンドメイドの洋裁のニットソーイングのおススメのAVIVERのクロスネックプルオーバーの着画のスッキリしたデザインのトップスのセクシーな女っぽコーデの型紙の服
こちらの型紙は本当に大好き!!個性的だし、肌の露出は全く無いのにセクシーな雰囲気になります。ハンドメイドの服はナチュラル系が多いので珍しいですよね。

 

3回目の作成は長袖バージョンにします。半袖の型紙も付いていて以前作りました。そのままだと骨格診断ウェーブには似合わない一般的な長さの半袖なので、アレンジ必須です。
リボンの縫い方

最初に首周りにクロスするリボン部分を作ります。出来上がりを見ると複雑な縫製のようですがシンプルな手順で作れます。

中表にして縫い止まりまで縫います。
縫い止まりまで切込み
縫い止まりまで切り込みを入れます。前に作った時は縫い止まりギリギリまで切込みを入れていたのですが、見返しを縫った後にリボンの付け根に空きが出来たので、浅めの切込みにしてみました。
AVIVERの服のレビューの作った服のトップスの紫の凝ったデザインの個性的な服
リボンを表に返して、左右の前身頃を前中心で縫うだけで、もう全体のイメージが湧きます。前身頃の型紙を見るだけでは全く出来上がりの想像つかない形なのに、パタンナーさんってホント凄いです。


見返しの難しい縫い方の失敗例

切込みが浅かったせいか、身頃がツレてしまいました。ここは深く切らなきゃダメみたいです。
洋裁のハンドメイドのコツ

↑ 深い切込みを入れました。前身頃のツレが軽減されたので良かった良かった。
ずぼらでもパリコレの作った服

見返しを作って、肩の縫い代をアイロンで割ります。身頃と縫い合わせる時に、ずぼらでもパリコレの見返しが表にふきださないワザを使ったのですが、上手くいきませんでした。布帛のノーカラージャケットを縫った時は上手くいったのになぁ。
見返しの失敗

そして、やっぱりクロスネックのリボンの付け根切込みと見返しの間に隙間が出来てしまいました。

ここは仕様書にも、空きが出来たら深く縫い込み直すか手縫いで閉じる、と指示があります。私はミシンで縫っちゃいましたが、次からは布ルーパーを引っくり返すときに、その針と糸を使って手縫いで閉じようと思います。
洋裁のハンドメイドのニットソーイングの袖と袖口の縫い方

次に袖を作ります。袖口は仕様書ではクチバシみたいに1か所明きを作るタイプなのですが、グルっと輪にするタイプにしました。
ワンショルダーのおしゃれなレディースのトップスのゴージャスな服

裾には切り替え付かない仕様ですが、袖に合わせてアレンジしました。骨格診断ウェーブ的にコレがあるのと無いのでは全く違いますよね。

ちなみに、filerのオフタートル丈長プルオーバーの裾切り替えの型紙を使って裁断しました。ピッタリです。

それと、上の画像のようにリボンを片側長くして首周りにかけて、短い方のリボンを見返しに挟み込んで、アレンジできるかも~とちょっと妄想。クロスリボンだとカワイイ寄りですよね。ワンショルダー風だとスッキリ大人っぽい感じになりそうです。
布のループの作り方

左右のリボンを首の後ろで留める用の布ループを引っくり返します。気持ちに余裕がある時は楽しく感じる作業です。
華奢な首周りのアレンジのリボンの服

仕様書では直線の留め部にループを4つ付けますが、丸みのある三角形にしてループ1つで留めました。くびれが骨格診断ウェーブに合うと思います。そのままだとリボンが太いので存在感ありすぎて負けちゃう。

 

今回アレンジしたのも気に入ったし、次はワンショルダー風の実験に挑戦します☆