着る服が無いならハンドメイドすれば良いじゃない(^o^)ソイヤッ

花柄大好き作者がパーソナルカラーオータム骨格診断ウェーブの最高に似合う服を作るため奮闘する日々の記録です

骨格診断ウェーブにおススメ☆AVIVERボータイ風トップス

AviverPaperPatternsのボータイ風トップスを作ったのでレビューします。
aviverのボータイのトップスのブラウスの大人の仕事服のバイカラーのハンドメイドのニットソーイングの洋裁のお洒落な服

こちらの型紙を作るのは2回目です。最初に作ろうとした時は、仕様書を読んでもボータイの縫製手順が分からなくて、失敗してもダメージが少ないようにハギレを使いました。
アヴィヴェの作った服のブラウスのトップスの仕事服のハンドメイドの洋裁のニットソーイングのボータイの衿の可愛い服

サイズはピッタリで、首周りのボータイもお気に入りになりました。衿を身頃と違う生地で縫った方が映えそう。あと前身頃のギャザーが多すぎてモッタリしているので、ここはスッキリさせたい。

袖もタック袖を選んだらゴテゴテし過ぎな感じがしたので、プレーン袖にした方がバランスが好みになりそう。ただ、タック袖は袖口に切り替えがあってプレーン袖には切り替えが無い仕様になっています。私は骨格診断ウェーブで袖口を切り替えるのが好きなので、タック袖の切り替えをそのままプレーン袖に使えるか分かりませんが、使っちゃいます。長さを測れば分かるのかな??角度とかも影響するのかな??型紙に関する知識が無いのが歯がゆいです。

ボータイ風の衿の縫い方

最初にボータイ部を外表にして縫い止まりまで縫います。
変わり衿の縫い方の種類
タックを割りつぶします。ここまでは何の疑問も湧かずに進みます。


aviverの作った服のレポ

ここも、先は読めませんが中表にして縫い止まりまで縫うとあるので、こうだろうな~と縫います。
縫いどまりの切込みの入れ方の違い

ここで、私の苦手な縫い止まりまで切込みを入れる、が出てきます。遠慮しがちな切込みなので、ツレてますね。それから表に返して、また割りつぶします。ここで仕様書には書いてありませんが、割りつぶしたところを真ん中でバシッと決まるように縫い留めました。
独学の洋裁の難しいポイント

ここからちょっと分かりづらくなってきます。衿を衿ぐりに合わせ前中心に数センチ仮留めします。今、気が付いたのですが、衿の後中心を逆に縫っちゃいました。ボータイで隠れるので、衿の縫い合わせたところを、身頃の前中心の方に合わせて良いんですね。
おススメの型紙の立体裁断のトップスのブラウス

ボータイを巻き、縫い代に縫い止めます。ここが全く分かりませんでした。2回目に縫った時も迷いながら進めました。仕様書の絵と違うので、間違っているかもしれません。。。
皇后の雅子様の着ていた服のトップスのブラウスのボータイの似ている服

衿ぐりを1周縫って表に返すと、形になっていると思います。これで良いんじゃないかな??
ギャザーの難しい所の縫い方のコツ

もう一か所の難関は裾のギャザーです。けっこう多めのギャザーです。ボータイ分が身頃に吸収されるからね。型紙ではここをギャザーではなくヒラヒラさせるドローストリングタイプもあります。可愛らしい雰囲気になりそうです。


骨格診断ウェーブのおススメの袖

最後に袖を付けて完成です。袖口は長さピッタリで大丈夫でした。合印が使えなくなるのでちょっと縫い辛い。

 

着てみると、アレンジも大成功して、色の切り替えも効いてお気に入りの1着になりました。スッキリしたデザインで仕事にもOKだと思います。

先日yahooの記事に載っていた雅子様のブラウスに少し似ている気がします。